毒親まとめ

毒親とはどんな親?毒親を分類

更新日:

毒親とはどんな親?

毒 両親

 

こんにちは、ぺーたーです。

 

このブログを読んでくださっている方は、だいたい分かっていることとは思いますが書いておきますね。

 

毒親ってこんな感じだよってことでサラッと読んでもらえたらと思います。

 

「毒親」という言葉はスーザン・フォワード氏の【毒になる親】という本から生まれました。

 

色々な考え方がありますが、一言で言えば我が子に対し、暴言、暴力、過干渉、依存など様々な行動を通して子どもを支配する親のことと言えます。

 

親はしつけだと思っていたとしても、それは虐待でしかないこともあります。

 

たとえば、罰と称して押し入れに閉じ込めたり、締め出したりする行為も「しつけ」の域を超えています。

 

なぜなら、そんなことをしなくても子供を教育する方法は他にいくらでもあるからです。これらは虐待であるとともに、支配であり洗脳でもあります。

 

絶対的存在である親に従わされ、そのようなことをされ続けた子は支配されてしまう。これが毒親の毒親たるゆえんです。

機能不全家族とは ジャネット・ウォイティッツ

本来、家庭や家族は子供にとって温かく安全な場所であるべき。   しかし、必ずしもそうではなく、安全でない家族は「機能不全家族」と呼ばれる。   親が嗜癖や病気などの問題を抱えていて、子供のことは念頭に ...

続きを見る

 

毒親の分類

 

1「神様」のような親-いつも正しくて完璧な親。間違いを認めない、謝らない。

親の理解以上のことをすると罰を与える。

 

2義務を果たさない親-家事を半分以上する、夫婦の話し相手、服を買ってくれない。

 

3コントロールする親-言うことを聞かないと直接脅す、家から追い出す、殴る。お金によるコントロール

 

4残酷な言葉で傷つける親-お前が悪い、お前がおかしい、狂っている、何をやってもダメな人間

 

5暴力を振るう親-しつけという名の暴力でおさえつける

 

6かまいすぎて子どもを窒息させる親-同じ価値観を強いる。

 

子を「自分と違う人間」として見れない、親と違う意見は全否定。プライバシーを覗く。手紙、机の中、下宿先、一人暮らしの家に勝手に入ってくる。

 

7子どもの幸せを取り上げる親-理由をつけてやりたいことをさせてくれない。

 

8完全主義者の親-起床、食事などの時間が細かく決まっていて、少しでも遅れると罰

 

9カルトのような親-父親、そしてその次に母親が偉い

 

2019.11.15追記↓

10【放置する親】

 

これもあるよコメントをいただきましたので、追記しました。

 

普段は子育てに関わらないくせに、口を開けば否定することしか言わない父親。まさに毒ジジイがこのタイプでした。

 

放置されているから、人生で大切なことなど教われることがありません。

参考書籍

1毒になる親

2不幸にする親

3苦しい親子関係から抜け出す方法

 

毒親本・エッセイのオススメを紹介します

 

必ずしも当てはまるとは限りませんが、参考までに分類を載せておきます。

これらのタイプが複合的になっている毒親が多いそうです。

人気記事

1

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。   毒親と絶縁してから2年ほど経過したある日、いとこが亡くなったという連絡がありました。緊急連絡のため一応メールだけは受信できるようにしてあったからです。   「いと ...

2

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。   今回は、毒親育ちにしか理解・共感できないことをまとめてみました。 私が思いつく限りの内容です。 「あるある~!」というものや、えっ?と思うものもあると思います。 ...

3

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。 暑さが落ち着いてきましたね。少し身体が楽になってきました。   今回の記事では、Twitterに届いたコメントを紹介させていただきます(許可をとってあります)   以 ...

-毒親まとめ

Copyright© 毒親地獄からの脱出 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.