毒親との関わり方

毒親は発達障害のアスペルガーやADHDかもしれないと考えると気が楽になる

投稿日:2019年3月1日 更新日:

こんにちは。毒親育ちカウンセラーの まるい知徳(@datudokuoya)です。

 

ある日、テレビで発達障害の方が人とのコミュニケーションに困ることが多いという内容を観ました。

 

テレビで紹介されていた方はアスペルガー症候群の方でしたが、私の毒父・毒母の行動に似ているところがあるなぁ気づいたのです。

 

発達障害は様々なタイプがあり、キッチリ分類できないところがあります。様々な疾患の症状がオーバーラップしている場合も多いそうです。

 

毒親は発達障害かもしれない

 

私はこのテレビを観たときから、「自分の親は発達障害かもしれない」と思うようになりました。

 

それからは、どうしてうまくいかないんだろうという考えは薄れていき

 

「障害だから仕方ない」

「障害だからあきらめるしかない」

そのような考えにシフトしていくことになりました。

 

自分のアプローチが悪いせいで歩み寄れない、仲良くなれないのではなく、そもそもそれが難しい相手なのだと考えたわけです。

 

私は色々と行動を起こして失敗し続けていたので、「毒親とはわかりあえない」という結論に至り絶縁しました。


※すべての毒親がそうだとは言えませんし、うまいことわかり合えることもあります。

 

「虐待後」を生きる.クローズアップ現代の感想

 

毒親に発達障害がみられることは多い


 

先日、「毒親の正体」という魅力的なタイトルの書籍を読みました。数ある毒親本の中では珍しい“精神科医が書いた書籍”です。

 

著者の経験では、毒親に発達障害がみられるケースが多いとのこと。

 

“毒親=発達障害”

 

これは私が感じていたことではありますが、そのように考えてみると腑に落ちるところがかなりありました。

 

毒親本はたくさん読んでいますが、こういった内容はあまり読んだことがありません。興味があったら読んでみてくださいね。

 

毒親には発達障害があると考えると気が楽になる

 

読んでみた結果、自分の親は毒親であり発達障害である。その考えが確かなものになりました。

同時に相手が“変わらない”のではなく、“変られない”のだという現実に気づき、気が楽になりました。

 

発達障害があるために社会から逸脱した行動をしたり、人の気持ちが理解できなかったりということが起きている。

そう考えてみると、苦しみから逃れるために関係を改善する努力は徒労に終わる可能性が高いと言えます。

 

もちろん全ての毒親が発達障害だとは言えません。

私が両親に感じたことも、あくまで「そう感じた」というだけです。

 

しかし毒親との関係が悪くまともに話もできないような場合、このような考えを持っておくと、自分を責めずにいられるようになります。

 

必ずしも関係改善が望めるわけではない。無理なこともある。そう思っておくと

毒親による苦しみが減らせるかもしれません。

 

興味のある方は、一度読んでみてくださいね。

それではまたお会いしましょう^^

 

クローズアップ現代+親を捨ててもいいですか?毒親育ちの感想とまとめ

kokonara

●毒親に関するお悩み相談をしています●

  1. 毒親との関わり方に悩んでいる
  2. 毒親と絶縁したいけど、方法がわからない
  3. 毒親と絶縁したいけど、絶縁して大丈夫かどうか心配

などなど

毒親との関わり方で悩んでいることがありましたら
お気軽にお問い合わせください。

詳しくはコチラ↓


毒親との関わり方、苦しみを軽減するお手伝いをします 毒親と絶縁した私が、苦しみを軽減するお手伝いをいたします。

人気記事

毒親から逃げる人 1

こんにちは。毒親育ちカウンセラーの まるい知徳(@datudokuoya)です。   今回は毒親に絶縁宣言する方法について解説していきます。 毒親と絶縁する際、どんな方法が良さそうでしょうか ...

2

こんにちは。毒親育ちカウンセラーの まるい知徳(@datudokuoya)です。   あなたは「どんなに最低な親であっても、育ててもらった恩があるから許さなければならない」 そんなふうに考え ...

3

こんにちは。毒親育ちカウンセラーの まるい知徳(@datudokuoya)です。   今回の呪いは 「同情」・「親を助けろ」の呪いです。   愚痴を聞かされること。 これほど無駄で ...

-毒親との関わり方

Copyright© 毒親地獄からの脱出 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.