毒親との関わり方 毒親の呪い

毒親を許さないほうが楽に生きられる。自分をだまそうとすると苦しくなる理由とは

投稿日:2020年3月21日 更新日:

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。

親を許さない子

あなたは「どんなに最低な親であっても、育ててもらったのだから許さなければならない」そんなふうに考えていませんか? 以前の私もそうでしたが、これはとんでもない思い込みです。

 

以前の私は、毒親に対して

 

  • 「尊敬しなければならない」
  • 「感謝しなければならない」
  • 「恩返しをしなければならない」
  • 「許さなければならない」

 

このように考えていました。実際は軽蔑していたにも関わらず。

 

それは

「どんなに嫌いな存在でも、ここまで育ててもらった恩がある」と考えていたからです。しかし、この考え方は間違っています。

 

毒親のことを許さなくてもいい

 

自分の心はだませない

毒親を許せない子供

全く尊敬できない毒親に対し、ポジティブな感情を持つことは無理があります。長年かけて形成されてきたネガティブな感情は、簡単に塗り替えられません。

 

私の場合、無理に素晴らしい親だと思い込もうとしましたが、心を騙すことはできませんでした。そのように考えれば考えるほど、具合が悪くなってしまったのです。

イライラしたり、頭痛がしたり、動悸がして気持ち悪くなったり・・・

 

このように、「本心」と「そう思おうとする心」が大きくズレていると、身体に悪い影響が出てしまいます。

 

これは社会心理学用語で認知的不協和と言われていて、人が自身の認知とは別の矛盾する認知を抱えた状態、またそのときに覚える不快感のことを指します。

 

要するに、いい親だと思っていないのに、無理やり思い込もうとするから辛くなるというわけです。

 

認知的不協和の解消をする方法

①毒親は素晴らしい人間だ。尊敬し感謝しなければならない

②毒親は最低の人間だ。感謝など絶対にできないし許せない

 

この相反する考え方が共存しないようにするしかありません。つまり②を選択するほうが良いということです。

自分を騙すことはできません。自分の心に正直にいましょう。

 

毒親が大嫌いだという気持ちを認めてみよう!

 

毒親を許す必要はない

毒親 許さない

「毒になる親」の著者であるスーザン・フォワードは

「あなたが自分に対して良好な関係を持ち、自滅的な人生を建設的なものに変えるためには、必ずしも親を許す必要はない」

と、言い切っています。

 

毒親本・エッセイのオススメを紹介します

 

毒親を許すから救われるわけではない

毒 両親

どんなに憎い相手でも「許す」ことで救われる。だから、相手のことを心から許しなさい。そんなことを言っている本もあります。

しかし私の場合は、許そうとすると具合が悪くなるので無理でした。逆に許さないほうが気が楽になりました。だから一生許しません。それはそれでいいと思っています。

 

毒親絶縁の判断基準は頭痛やイライラなどの体調不良

 

毒親を「許さないといけない」 という思い込みを捨てる

毒親を許さず救われる

「許さないといけない」

「許さないと幸せになれない」

そんなことを考えていると、毒親のことを許せない自分を責めるようになってしまいます。

 

そうなると、自分にとってマイナスでしかありません。大嫌いで憎き毒親など許す必要はないのです。

 

許すことで救われるなら、それでいいと思います。ただ、許さない方が楽になれる場合もあることを知っておいてください。

 

「許さなくても良い」ことを知ることで、毒親から解放される日が一歩近づくのです。

 

人気記事

1

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。 毒親と絶縁してから2年ほど経過したある日、いとこが亡くなったという連絡がありました。緊急連絡のため一応メールだけは受信できるようにしてあったからです。   ...

2

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。   今回は、毒親を変えることは不可能。毒親が変わることもないので、すべてを諦めると楽になれるという話です。   極端な意見と思われるかもしれませんが、私が至った考えを ...

3

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。 暑さが落ち着いてきましたね。少し身体が楽になってきました。   今回の記事では、Twitterに届いたコメントを紹介させていただきます(許可をとってあります)   以 ...

-毒親との関わり方, 毒親の呪い

Copyright© 毒親地獄からの脱出 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.