毒親の呪い

毒親が大嫌いだという気持ちを認めてみよう!

更新日:

こんにちは、ぺーたーです。

 

今日は、「毒親のことが大嫌いだ」という気持ちを認めてみようという話です。

 

子にとって、親は絶対的存在

毒親 神

絶対的存在に対して負の感情を抱くなんて・・・と、ためらう方もいると思います。

 

私は、昔から祖母に「お父さんとお母さんは偉いんだから、よく言うことを聞くんだよ」と洗脳されてきました。

 

そのせいで「親に対して負の感情を抱く自分は、なんてダメなやつなんだ」と苦しんだ時期があります。

 

でも、それは違います。

 

それは、毒親たちがかけた呪いのせいで罪悪感を抱いているだけです。

 

生みの親であるからと言って、神のような完璧な存在ではありません。(神が存在するかどうかは別として)

 

だから

 

毒親のことを大嫌いになってもいいんです。めちゃくちゃ責めても良いんです。自分を産んでくれたから、育ててくれたから・・・様々な理由が浮かんできますよね。

 

しかし!

 

だからと言って、毒親を尊敬したり好きでいなければならないわけではありません。毒親のことを、尊敬できなくていいんです。軽蔑してもいいんです。

 

だって、自分にとって害になる存在です。尊敬しようにも、人間的に全くもって尊敬できないようなダメ人間ですよ?そんな人間を尊敬しろと押し付けられても無理な話です。

毒親を尊敬できないのは当然だから気にしなくていい

 

毒親が嫌いだと叫んでみよう

毒親の悪口を叫ぶ

「本当は尊敬なんてできない、大嫌い」と思っているのに、「親のことは尊敬しないと」「親孝行しないと」と思っていると、心の中でバランスがとれなくなります。

 

「自分に言いきかせている思い」と「本心」が大きくズレてしまうと、とても苦しいんですよね。私がそうだったので、よく分かります。

 

なので、「毒親なんてクソだ!大嫌いだ!」と声に出してみてください。なんでもいいです。毒親に対する暴言を遠慮なく叫んでみてください。

 

叫ぶのはちょっと・・・・という場合は、頭の中で思ったり、紙に文字を書きなぐってみてください。

 

それでスッと心が楽になるなら、あなたは本心ではそう思っているということです。

 

これは実際に私がやってみて大きな効果を感じた方法です。

 

毒親に対する思い込みを開放する

毒親に対する気持ちを開放

当時の私は、「親孝行をしなければならない」や「恩返しをしなければならない」といった思いにとらわれていました。

 

しかし、本心では毒親のことをクズ人間だと思っていて、本当は親孝行などしたくないと思っていました。

 

そこで、上記の方法で声に出して毒親なんか大嫌い、クズ野郎!などと叫び、紙に毒親の嫌いなところや文句を書きなぐりました

 

その先にあったのは、とてもスッキリした気持ちだったのです。

 

「俺はこんなにストレスに感じていたのか」と驚いたことを覚えています。

毒親を捨てる方法と扶養義務を無視して良い理由を解説!

まとめ

毒親を嫌いになれずに苦しんでいる方は

 

①毒親に対する文句や悪口を叫ぶ

②もしくは紙に書きなぐってみる

③その後の気持ちの変化を感じ取る

 

ということをしてみましょう。

 

気持ちがスッキリするなら、あなたは毒親のことが間違いなく嫌いなのです。でも、それでいいんです。

 

親は神様ではありません。ただ自分を産んだというだけの存在です。欠陥だらけのダメ人間ということも普通にあります。実際そうですから。

 

あなたが毒親を尊敬できないのは、毒親が尊敬されるだけの存在ではないからです。だから、毒親なんて尊敬できなくていいんです。大嫌いになってイイんです。

 

害にしかならない親ならサッサと捨ててしまいましょう。

毒親が人を愛せない理由が脳科学的に判明!

人気記事

1

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。   毒親と絶縁してから2年ほど経過したある日、いとこが亡くなったという連絡がありました。緊急連絡のため一応メールだけは受信できるようにしてあったからです。   「いと ...

2

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。   今回は、毒親育ちにしか理解・共感できないことをまとめてみました。 私が思いつく限りの内容です。 「あるある~!」というものや、えっ?と思うものもあると思います。 ...

3

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。 暑さが落ち着いてきましたね。少し身体が楽になってきました。   今回の記事では、Twitterに届いたコメントを紹介させていただきます(許可をとってあります)   以 ...

-毒親の呪い

Copyright© 毒親地獄からの脱出 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.