毒親と絶縁して幸せになれた経験を赤裸々に綴ります。

毒親地獄からの脱出

毒親の呪い

毒親に褒められずに育った子の自己肯定感が低くなる理由とは。自己肯定感を高める方法とは

更新日:

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。

社会人5年目になった時、尊敬する先輩から仕事ぶりをホメていただいたことがありました。

 

「いやいや、そんなことないです」

私は全然喜べなかったのです。

 

これはポーズで謙遜しているのではなくて、本当にそう思っていました。

 

先輩からは「けなされたり、ダメだと言われるよりホメられた方が嬉しいでしょ?」と言われましたが

「いや・・・ホメられずに育ったので・・・」と答えました。

 

昔から「お前はダメだ」「お前はバカだ」と言われて育ったもんだから、ホメてもらえるような人間だと思っていなかったのです。

 

自分みたいな能力の低い人間がホメられるなんてことはない。

自分がホメられるということは、こちらのモチベーションを高める目的で言っているだけだと本気で思っていました。

 

この時、なんでこんな性格になってしまったのだろうと気になりました。

行きついた結論は、不意に口をついて出た「褒められずに育ったから」この言葉こそ、答えなのではないかということ。

 

昔から、何をやってもホメてもらえなかった。それどころか、「お前はダメだ」ということを言われ続けて育った。

結果、私は何をやっても人より劣るダメ人間だと刷り込まれ、思いこまされてきたということが判明したのです。

 

他人から褒められても信じられないのは当然のことです。褒められた経験がありませんから。

まして、育ての親から褒めてもらえないどころかダメ人間だと言われ続けていたのですから。

 

毒親からの洗脳の言葉

 

例を挙げると

 

①散髪

散髪して帰ってくると

「もっと切ってくれば良かったのに」

「どうしてもっと切ってこなかった」

これを必ず言われていました。

 

②肩もみ

子供時代に肩もみをした際には「まぁまぁだな」これしか言ってもらえなかった。

 

③テストで良い点数をとった時

すごく頑張ってテストで良い点数を取った際には

 

「そんなことは当たり前だ」

「毎回そうできるようにしろ」

 

こう言われて、ものすごくガッカリしたと同時に、やる気が地の底まで落ちたことを今でも覚えています。

 

昔からずっとこの調子でした。

私は一度もホメてもらった記憶がありません。

 

実際には2回ホメてもらったことがありますが、それは毒ババアが「ほら、ホメてあげて」と私がいる前で促した時だけです。

 

その時は、「すごぉぉ~い」とバカにした言い方で言われただけ。

これはホメてもらえないよりも気分が悪いものでした。

 

自己肯定感を低くさせる呪いの言葉

 

「お前はバカだ」

「お前は不器用すぎる」

「お前は余計なことしかしない」

「お前はやるなってことしかやらない」

「あんたなんか生むんじゃなかった」

 

このような否定的な言葉が、子どもの心を深く傷つけます。

結果として自己肯定感が低くなり、自分の行動に自信が持てなくなります。

 

このような環境が子どもの将来に致命的な悪影響を及ぼしているのです。

しかも、本人は原因に気づかないまま生きづらさに苦しみ続けることになります。

 

上記のようなことを頻繁に言われていると、自己肯定感が低くなり卑屈になっていきます。

大人になった私は、自己評価の低いひねくれた人間になりました。

 

自分で自分を認められないアダルトチルドレンの特徴

私のようなアダルトチルドレンの方は、「自分で自分を認められません」

それらの原因は、幼少期に上記のような経験をする中で刷り込まれた価値観によるものです。

 

仮に他者よりも成果をあげているとしても、”もっと頑張らないと・・・”と、厳しく追い込んでしまいがちです。

また、高い完成度を求めてしまい、うまくいかないと激しい劣等感・罪悪感に苛まれます。

 

それは

毒親から高い基準を設けられ、達成できないと激しく叱られた経験(実際は何をしても達成できず褒めてもらえない)

できなかったこと、失敗したことばかり責められた経験

 

このような積み重ねで”自分には価値がない”思い込まされてきたため、他人にいくら褒められたり評価されても自分を認めることができなくなってしまったからです。

 

うまくいかなかった時はボロクソに言われ、頑張って結果をだしてもホメてもらえない。

このように育てられたら、「自分はダメ人間なのだ」と思ってしまうのは当然のことでしょう。

毒親を尊敬できないのは当然!毒親の呪い②「親を尊敬しろ」毒親に幻滅するのは必然

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。   今回の呪いは 「親は立派な存在」 「親は尊敬しろ」 になります。   幼い頃は自分の親が誰よりも立派だと信じていました。あなたもそうだと思いま ...

続きを見る

 

アダルトチルドレンの私が自己肯定感を高められた経験

企業や組織は、もっともっと、さらに上へと業績の向上・利益の最大化を図ります。常に上を目指すように求められます。

しかし、成果を上げることで出世したり給料が上がったりという「認めてもらう」ことはあります。ここがホメない毒親との違いです。

 

自己肯定感を高める具体的な方法

ホメてもらえなかった子供は、一切認めてもらえなかったために自尊心が低いまま大人になってしまいます。

 

そんな人は、ある地点の自分と比べて成長できているポイントを探すと良いでしょう。たとえ成長が1㎜だったとしても、立派な成長です。進化です。それを認めてあげることが大事になります。

 

それを積み重ねていき、自分で自分をホメてあげましょう。

 

①ノートに“頑張ったこと”、“達成できたこと”、“うまくできたこと”などを箇条書きにする

 

注意点としては、こんな小さなこと・・・と思わないことです。ほんの些細なことでいいんです。

 

私の場合は

 

“いつもより効率的に動けた”

“いつもよりうまく米が炊けた”

“無駄な買い物をしなかった”

“部屋の掃除ができてスッキリした”

 

このような感じです。

 

②自分を褒める言葉を書く

自分の行動に対し、褒め言葉を書きます。

 

“いつもより効率的に動けた”→頭使って行動できる私って天才!

“部屋の掃除ができてスッキリした”→部屋の掃除をして気持ちもスッキリできた。すごい!

 

このような感じで自分を褒めましょう。

いいんです。誰に見せるわけでもありませんから。

大げさに褒めるようにしましょう。

 

③紙に書いて、声に出して読む

パソコン等のキーボードで打つことでも記録はできますが、できれば紙に書き出すようにしてください。ノートだと記録が積み重なるのでオススメです。

そして、書いたらそれを声に出して読みます。

 

できるだけ五感を刺激して自分を褒めましょう。その方が効果があります。

 

自分で自分を認めましょう。

次第に自分はちゃんと色々なことができている素晴らしい人間だと思えるようになります。

 

これは自分を騙すということではありません。起きていることを、しっかり受け止めるということです。

 

自分のした行動が結果として明らかになることで、自分は無能ではないと思えるようになりました。

 

 

誰かに認めてもらわなくても、自分の行動が結果として現れることが分かれば自信に繋がります。

どんな小さなハードルでも、少しずつ超えていくことで自分は価値のある人間だと思えるようになります。

 

まとめ

・褒められずに育てられると自己肯定感が低く卑屈になる。

・自己肯定感は、自らの行動で高められる。

・小さなハードルを確実に越えながら、自分は素晴らしい能力があると認めていこう。

 

あなたは無能なんかじゃない。毒親に洗脳されて思い込まされているだけです。

毒親に感謝する必要はないから苦しむ必要もない。感謝はしたい人にすればいい。

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。 「産んでもらったことに感謝しろ」 「誰のおかげで飯が食えていると思っているんだ」 「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」 「誰のおかげで大きくなれたと思っているん ...

続きを見る

人気記事

1

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。 毒親関連本を今まで10冊以上読んできました。数多く出版されていますが、分かりにくかったり微妙だなぁと思うものもけっこうありました。   それぞれの境遇によって良いと思 ...

2

こんにちは、ぺーたーです。2ヶ月ぶりくらいの更新です。すっかり寒くなってきましたね。インフルエンザに要注意です。   さて、今回は毒親にほぼ関係のない話です。   この前、友人Aと話している時に自分の ...

3

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。 今回は、毒親あるあるというか毒親育ちにしか理解・共感できないことってあるよなぁという内容をまとめてみました。 私が思いつく限りの内容です。   「あるある~ ...

-毒親の呪い

Copyright© 毒親地獄からの脱出 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.