毒親と絶縁した私の経験を赤裸々に綴ります。

毒親地獄からの脱出

毒親の呪い

毒親に褒めてもらえなかった子は自己肯定感が低くなる。自己肯定感を高める方法とは

投稿日:

こんにちは、脱毒者ぺーたーです。

社会人5年目になった時、尊敬する先輩から仕事ぶりをホメていただいたことがありました。

 

「いやいや、そんなことないです」

私は全然喜べなかったのです。

 

これはポーズで謙遜しているのではなくて、本当にそう思っていました。

 

先輩からは「けなされたり、ダメだと言われるよりホメられた方が嬉しいでしょ?」と言われましたが

「いや・・・ホメられずに育ったので・・・」と答えました。

 

昔からダメ人間だと言われて育ったもんだから、ホメてもらえるような人間だと思っていなかったのです。

 

自分みたいな能力の低い人間がホメられるなんてことはない。

自分がホメられるということは、こちらのモチベーションを高める目的で言っているだけだと本気で思っていました。

 

この時、なんでこんな性格になってしまったのだろうと気になりました。

不意に口をついて出た「褒められずに育ったから」この言葉こそ、答えなのではないか。

 

昔から、何をやってもホメてもらえなかった。それどころか、「お前はダメだ」ということを言われ続けて育った。

結果、私は何をやっても人より劣るダメ人間だと刷り込まれ、思いこまされてきたということが判明したのです。

 

毒親からの洗脳の言葉

 

例を挙げると

 

①散髪

散髪して帰ってくると

「もっと切ってくれば良かったのに」

「どうしてもっと切ってこなかった」

これを必ず言われていました。

 

②肩もみ

子供時代に肩もみをした際には「まぁまぁだな」これしか言ってもらえなかった。

 

③テストで良い点数をとった時

すごく頑張ってテストで良い点数を取った際には

 

「そんなことは当たり前だ」

「毎回そうできるようにしろ」

 

こう言われて、ものすごくガッカリしたと同時に、やる気が地の底まで落ちたことを今でも覚えています。

 

昔からずっとこの調子でした。

私は一度もホメてもらった記憶がありません。

 

実際には2回ホメてもらったことがありますが、それは毒ババアが「ほら、ホメてあげて」と私がいる前で促した時だけです。

 

その時は、「すごぉぉ~い」とバカにした言い方で言われただけ。

これはホメてもらえないよりも気分が悪いものでした。

 

自己肯定感が低くなる原因

 

他にも

「お前はバカだ」

「お前は不器用すぎる」

「お前は余計なことしかしない」

「お前はやるなってことしかやらない」

「あんたなんか生むんじゃなかった」

 

このような否定的な言葉は、子どもの心を深く傷つける。

自己肯定感が低くなり、子どもは自分の行動に自信が持てなくなります。

 

このような環境は、子どもの将来に致命的な悪影響を及ぼします。

本人は原因に気づかないまま、生きづらさに苦しみ続けることになります。

 

このようなことを頻繁に言われていたら、自己肯定感が低くなり卑屈になることでしょう。

人格が形成される幼少期に、このようなことを繰り返された結果、自己評価の低いひねくれた人間になりました。

 

私のようなアダルトチルドレンの方は、「自分で自分を認められません」

それらの原因は、幼少期に上記のような経験をする中で刷り込まれた価値観によるものです。

 

毒親から高い基準を設けられ、達成できないと激しく叱られた経験(実際は何をしても達成できず褒めてもらえません)

できなかったこと、失敗したことばかり責められた経験

 

こうした経験から、自分の落ち度や失敗を許せず、他の人よりも結果を出していたとしても自分を認めることが難しくなります。

 

うまくいかなかった時はボロクソに言われ、頑張って結果をだしてもホメてもらえない。

このように育てられたら、「自分はダメ人間なのだ」と思ってしまうのは当然のことでしょう。

毒親を尊敬できないのは当然のこと。毒親の呪い②「親を尊敬しろ」毒親に幻滅するのは必然

こんにちは、脱毒者ぺーたーです. 今回の呪いは 「親は立派な存在」 「親は尊敬しろ」 になります。   幼い頃は自分の親が誰よりも立派だと信じていました。あなたもそうだと思います。 &nbs …

続きを見る

 

アダルトチルドレンの私が自己肯定感を高められた経験

 

私の場合は、学校の成績を上げられたことが自己肯定感を高めることに繋がりました。

落ちこぼれだった学生時代に、必死に努力した結果として学力が底辺から上位までグーンと上がった経験です。

 

自分のした努力が結果として明らかに現れたことにより、自分は無能ではないと思えるようになりました。

その時から、自分は無能ではないと信じられるようになりました。

 

誰かに認めてもらわなくても、自分の行動が結果として現れることが分かれば自信に繋がります。

どんな小さなハードルだとしても、少しずつ超えていくことで自分は価値のある人間だと思えるようになると感じています。

 

まとめ

・褒められずに育てられると自己肯定感が低く卑屈になる。

・自己肯定感は、自らの行動で高められる。

・小さなハードルを確実に越えながら、自分は素晴らしい能力があると認めていこう。

 

あなたは無能なんかじゃない。毒親に洗脳されて思い込まされているだけです。

毒親に感謝する必要はないから苦しむ必要もない。感謝はしたい人にすればいい。

こんにちは。脱毒者ぺーたーです。 「産んでもらったことに感謝しろ」 「誰のおかげで飯が食えていると思っているんだ」 「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」 「誰のおかげで大きくなれたと思っているん …

続きを見る

-毒親の呪い

Copyright© 毒親地獄からの脱出 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.